餃子
 コンピュータに『餃子』と入力するには、当たり前のように『ギョウザ』とキーボードを叩きます。そして変換。と、当たり前のように『餃子』と変換されます。妙な発音なのだろう和製中国語。それを器用に変換するのが面白くて、他にもいろいろ試してみると、チャーハン→炒飯○、シューマイ→焼売○、ヤムチャ→飲茶○、ウーロンチャ→烏龍茶○、マーボードウフ→麻婆豆腐○、見事に変換されました。バンバンジー→棒々鶏○、ホイコーロー→回鍋肉○、チンジャオロースー→青椒牛肉絲○、ここまでなるとちょっと驚きます。チャーシューメン→叉焼麺○、ワンタンメン→雲呑麺○、タンメン→湯麺○、カントンメン→広東麺○、テンシンメン→天津麺○、ジャージャーメン→蛇×。何故? 炸醤麺不人気? チャージャンミェン…無理? この差って世間の認知度? それとも誰かの好き嫌い?

 中国語で『餃子』の発音は「ジャオズ」(チャオズ)一部地方では「ギャオジ」とか「ギョウズ」と発音して、主に水餃子を指すみたいです。ちなみに焼餃子は『鍋貼』「グォティエ」(クォティエ)。それが独特に鈍って「イーガー、コーテー」って言う『餃子一日100万個』の店がある訳です。とは言っても「ギョウザ」の語源は諸説諸々。韓国語で『餃子』は「キョジャ」、それが日本に入ってきて「ギョウザ」になったって説もあります。ちなみにでした。
[PR]
by ajicoba | 2006-03-24 06:46 | エッセイ
<< 乙女チック クレーム >>



アジコバの考える毎日
by ajicoba
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31