新習慣
f0018077_1919868.jpg
 いつの頃からか、小用を座ってする男性が増えていると聞くようになった。家庭のトイレがほぼ洋式になったことと、なるだけトイレを汚さないようにって事情で増えてきたんだろうこの習慣、最近では座らないと小用ができない男性も多いらしい。

 男子たる者、どこでも立って用を足すのが当たり前の時代に育った身としては、なんだか情けないような気がして敬遠していたのだが、新居に引っ越したのを機に、嫁さんからの強い命令もあって、座ってするようになった。物心が付いて以来30年余、当たり前に立って小用をしていた身としては、毎度毎度パンツを下ろすのは、少なからず面倒だし、嫁さんにキバを抜かれたような威厳なさもあったけれど、いざ身に付いてみるとなかなか良いもの。今となっては立ってするほうが少々不安になる。世の男性達もこうやって躾けられていくんだな…。

 けれど、この新習慣も人様の家にお邪魔したときなどには、少々悩みの種となる。立って用を足して、トイレを僅かでも汚してしまうのは、もちろん大変申し訳ない。訪ねてきたオッサンにトイレを汚されるなんて、もっての他だろう。かと言って、わざわざ小用の為だけに、オッサンに便座に座られるってのも如何なものか…?。家の人にしてみたらどうなんだろう? 「トイレを借りたいんですけど、座ったほうが良いですか?立ったほうがいいですか?」なんて聞くのも妙な話しだし、まぁ、大抵の場合は、せめてものお詫びとばかりに座った後の便座をペーパーできれいに拭いて出て来るのだが…。その辺り、各家庭によってハッキリと方針を示して欲しいものです。『立ち小便禁止!』、もしくは『わざわざ座るな!』ってな張り紙でもしといてくれたら、気兼ねなくトイレを借りられるんですけど…。
[PR]
by ajicoba | 2011-07-07 20:53 | エッセイ
<< 大義名分 ランタン >>



アジコバの考える毎日
by ajicoba
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31