枕の下の宝物
f0018077_21525146.jpg
 3歳になる甥っ子が「良い子にしてたら、サンタさんがミニカーをくれる」と言っていたので、あくまでもサンタさんからということでミニカーをあげた。ちなみに、悪い子だったら、サンタさんからダンゴムシが一匹届く予定だったらしい…。どうやら、無事に届いたミニカーを気に入ってくれたようで、布団に入っても大事そうに枕の下に置いて寝ていると、お義姉さんから連絡があった。ダンゴムシじゃなくて良かったね。

 そう言えば、僕もお気に入りのミニカーや超合金のおもちゃを、枕の下に置いて寝る子だったな…。宝物は全部、枕の下へ。カブトムシと一緒に寝るのだけは、オカンに阻止されたけれど…。そして、相も変わらず今も同じことをしている…。さすがにもう大人なので、枕の下にミニカーは置かないし、カブトムシを布団に持ち込もうとはしないけれど、ベッドサイドの手が届くところには、愛用の時計、万年筆、手帳、ナイフ、ジッポの他、デジカメやDSなんかが必ず置いてある。ときには、新しく買った靴やサングラス、工具やゴルフパターなんかまで、枕元に持って行きそうになるんだから、なかなかの困りもの。子供の頃から全く成長していないってことじゃなかろうか? このままで良いのか? 随分と不安になったりもする…。

 甥っ子が枕の下にミニカーを置いて寝ることを、お義姉さんはとても不思議がっていたし、嫁さんに聞いてみても、そんな経験はないとのこと。こんなことするのって、男の子だけの習性で、女の子はあんまりしないんでしょうかね? 不思議だな〜。
[PR]
by ajicoba | 2011-12-28 21:58 | エッセイ
<< 2012年 年賀状 人に歴史あり >>



アジコバの考える毎日
by ajicoba
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30