透明も色々
 夏、世の女性方はすっかり薄着ですね。おかげで毎日の通勤が俄然前向きになるのですから、随分おめでたい性分で出来ているようです。とは言え、やれ『見せパン』だの『見せブラ』だの、些か理解に苦しむようになってきたのは、やはり歳のせいでしょうか? すっかり目も慣れて何気なく居るようでも、ふとしたときに思うのです「…パンツだ」と。

 中学生の頃は『好きな女の子のパンツが見えた』って話題で一学期間は盛り上がれたものです。修学旅行の夜の話題も『シャツのボタンの間からブラが見えた』そんなのが絶好調でした。パンツやブラってのはそういうモノでした。『見せパン』に『見せブラ』「まぁ、何ともありがたい世の中だ」と思う向きもありますが、せっかくパンツを見たってのに全く喜べず、どうして良いか判らないなんて、何だか味気ない気もします。

 どうして良いか判らないと言えば、もう随分と前から見掛けますが『透明のブラヒモ』。あれを見る度、どうして良いか判らなくなります。あれは『透明だから目立たない』ってことで、こちらも『見えない』って思い込めば良いのでしょうか? あんなに目立つモノを? あれを『目立たない』『見えない』ってことで片付けようとするのは、あまりに見る人任せで、無理が過ぎる思うのですが…。そんなことなら白いブラヒモに「透明です。見えません。透明です。」って書いてたって大差ないような気がします。しかも『目立たない』ってのが前提なら、要するに『見ないで』ってことなのでしょうし、それはそれで極力見ないように気を遣ったりもする訳で…。目立つのに『目立たない』見せてるのに『見ないで』って…。もう、どうして良いか判りません。気になって気になって仕方ないんです。セロハンテープに見えるんです。
[PR]
by ajicoba | 2006-07-25 08:00 | エッセイ
<< お断り 友達って イ・イ・ナ。 >>



アジコバの考える毎日
by ajicoba
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31