お断り
 チラシ配りってのが、どうにも苦手です。貰ってもゴミになるだけなので、大抵は受け取りません。だからって、全く無視をするのも悪い気がするので、チラシを差し出されるたび「ごめんなさい、要らないです」などと言うのですが、謝ってみたところで結局貰わないのだから、どっちにしろ感じ悪いんじゃなかろうか?…とか、断るタイミングにしたって、差し出される前に「ごめんなさい」ってのも嫌な感じだろうし、内容を確認してからでは「要らないです」とも言いにくいし…、ちゃんと目くらい合わしたほうが良いのか?…とか、少しくらいは申し訳無さそうにしたほうが良いのか?…とか、何やかんやと気を巡らせて、何なら、急に声を出して声が裏返ったらどうしよう?などと思って、発声の準備の咳払いまでした末の「ごめんなさい、要らないです」は「別に彼方のことが気に入らないとか、通行の邪魔だとか、バイトを長引かせてやろうとか、そんなんじゃなくって、ただ必要無いものを貰っても、結局ゴミにしてしまうだけだし、資源の無駄だし、環境問題だ! 何て言うつもりは更々ないけれど、きっと他にそのチラシを必要としている人が居るはずだから、どうせならその人に渡せるように取っておいて下さい」って意味の「ごめんなさい、要らないです」なのです。はい、判って下さい。終わり。
[PR]
by ajicoba | 2006-08-29 05:08 | エッセイ
<< 以下省略。 透明も色々 >>



アジコバの考える毎日
by ajicoba
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31