<   2011年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧
自作ナイフ
f0018077_1532228.jpg
 学生の頃、作品作りに使っていた鍛造青鋼の切り出し刀が永らく眠ったままになっていた。もう使うこともないだろうけど、少なからず愛着もあるし、眠らせておくにはもったいないくらい良い鋼材なので、作った職人さんには申し訳ないですが、鋼材を利用してキャンプ用の片刃ナイフを自作してみました。作業工程については、ネット上に詳しい方がいくらでもおられるので、ここには書きませんが、要は削って、削って、削って、削って、削って、磨いて、磨いて、研いで、研いで…。さすが元の鋼材が良いだけに、ちょっと刃を付けただけで産毛が剃れるくらいに仕上がってくれました。どうも、昔から『削る・磨く・研ぐ』っていう作業が病的に好きなようです…私。普段はコンピュータの中でモノを作るのが仕事ですが、やっぱり、手でモノを作るってのは随分と楽しいもんですね。秋冬キャンプは寒いけれど、焚き火をしながら熱っついコーヒーを。何より人が少ないので静かだし、星も綺麗で、虫も居ない。僕にとってのベストシーズンはこれから。早くキャンプに行きたいな〜。
[PR]
by ajicoba | 2011-11-28 15:04 | モノコト
百色眼鏡
f0018077_1435729.jpg
 ホームページと個展用DMをデザイン制作させていただいている、ミニアチュール作家・亀江道子さんの個展が来週から始まります。

Michiko Kamee Exibition 色絵金彩 ~絵付け展~
『百色眼鏡(ひゃくいろめがね)』-Le kaléidoscope-

2011.11.21.mon.〜11.30.wed.
1:00pm〜5:30pm(27日定休)

三本松 浦和仲町店・2Fギャラリー
〒330-0062 さいたま市浦和区仲町2-13-14
TEL.048-825-0527 JP浦和駅下車徒歩7分

詳細は亀江道子さんのHPにて http://michiko-kamee.com/

 亀江道子さんは現在ドイツ在住で、フランスをはじめヨーロッパ各地を拠点に制作活動をされています。先日、実物の作品を見せてもらったのですが、写真やデザインでは伝わりきらない魅力がいっぱいでびっくり。言葉でも上手く言えませんが、手に取ってみると、良い意味で思っていたよりもずっと小さいんです。そして繊細。まるで彼女の表現する世界が小さなガラス玉の中にキュッと詰め込まれたようで、クルクルと回してみたり、覗き込んだり、見上げてみたり、一日中大切に手の中に置いておきたいような、そんな感覚に捕われます。

 彼女が主題とする『愛でる』とい言葉が本当にピッタリな作品たち。是非一度、ミニアチュールの世界を手に取ってご覧になってみてください。
[PR]
by ajicoba | 2011-11-18 14:23 | 日記
現実は過酷なり
f0018077_17361779.jpg
 ホームセンターに併設されたペットショップにフクロウがいました。その前に幼稚園児くらいの女の子が二人座り込んでいて、フクロウの檻を覗き込みながら、何やら話しています。「あっ、見て見て!何かの赤ちゃんがいるよ!」「ほんとだ!何の赤ちゃんかな~?」「きっとフクロウさんの赤ちゃんだよ!」「かわいいね~!」「かわいいね~!」

 気になったので見てみると、それはネズミの赤ちゃん。

 フクロウさんの大好物です…。
[PR]
by ajicoba | 2011-11-04 17:39 | 日記



アジコバの考える毎日
by ajicoba
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30