人気ブログランキング | 話題のタグを見る
本末転々倒
本末転々倒_f0018077_2324030.jpg デザイン事務所をスタートして、いざ仕事を始めてみると、デスク回りにゴミ箱がない…。仕事柄、コピー用紙やメモ紙なんかの紙クズが頻繁に出るので、近くに大きい目のゴミ箱がないと、どうにも不便なんです。ずっと使っている隣の部屋のゴミ箱を持ってくれば良いのだけれど、そうしたら隣の部屋のゴミ箱がなくなるし、部屋を移動する度にいちいちゴミ箱を持って…ってのもなぁ…。ってことで、前々から気になっていたゴミ箱を購入することに。

 
 デンマークはessey社の『BinBin』(design:John Brauer)。見たまんま、ゴミのようなゴミ箱です。ゴミ箱のモチーフがゴミって遊び心が素敵でしょ? 500個にもおよぶ、紙や布製のミニチュアを手で潰して、最もキレイに潰れた形を三次元スキャンして出来上がったデザイン。だから、ゴミなのにキレイで、キレイなのにちゃんとゴミに見える。このサジ加減って難しいと思うんだけどなぁ。しかも、このBinBinはスタッキングが出来るってんだからタダモノじゃない。つまり、これだけ偶発的なラインを保ちつつ、上下方向には引っ掛かりが少ないように設計されてるってこと。見た目だけじゃなくって、収納や利便性も考慮した上で、しっかり計算されたプロダクトなんです。そりゃ世界の名立たるデザイン賞を獲るわなぁ。実際、手元に置いてみて脱帽です。

 でも、ひとつだけ問題が…。どうせだったら、このゴミ箱には白いコピー用紙だけをクシャクシャって丸めて、山盛りに捨てたいんだよなぁ。色の違う紙やお菓子の袋なんかは隣の部屋のゴミ箱へ…って。ゴミのようなゴミ箱にゴミを捨てられず。本末転々倒。
by ajicoba | 2008-07-26 18:44 | モノコト
<< 自然と遊ぶ ナイスショット >>



アジコバの考える毎日
by ajicoba
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31